お知らせ

言葉について考える週間

2019.11.30

昨年度に引き続き、今年度も全学年で言葉について考える週間を行いました。

児童一人ひとりが、言葉の大切さについて考えていく取り組みです。全校朝会で、各クラスの振り返りの発表が行われました。

「ふわふわ言葉を言われると、スキップしたくなるくらいうれしいです。」

「言葉に気を付けたら、みんなの仲が仲良くなった。」などの発表がありました。

他にも言葉について、分かりやすく紙芝居のようにまとめてきたクラスがあったり、

パワーポイントにまとめたクラスもありました。

1年生から5年生まで、様々な意見が出て、改めて言葉の使い方について考えることが出来ました。
今後も言葉の使い方に気を付けて、よりよい学校生活を送れることを願っています。

一覧に戻る